医者

遺伝子治療とは

抗がん剤は、一度服用してみないと副作用がでるかわかりません。また効果を期待できるかもわからないので、副作用を避けたいのなら抗がん剤治療は避けたいところでしょう。そういった時は、遺伝子治療をおすすめします。

医者と看護師

第4のがん治療の免疫療法

がん治療は、大きく分けて三つの治療法が確立されています。そのひとつには、抗がん剤を服用する薬物療法がありますが、副作用が起こる可能性があります。しかし、最近は副作用を避ける為に第4のがん治療と言われている免疫療法を行なう人が増えています。

どんな薬か

診察室

抗がん剤とは何

がんは、日本でも発症率の高い病気のひとつです。少し前までは、治らない病気として扱われていました。ですが、医療技術が発達したことや研究を重ねた結果、早期発見・早期治療で完治できる病気になったのです。どの部分のがんなのかによりますが、早めに治療を開始することで症状は確実に緩和させることができます。その治療のひとつとしてあるのは、抗がん剤を服用する薬物療法です。抗がん剤は、がん細胞を死滅させたり、抗腫瘍作用があったりする薬になります。高い効果を期待できるのですが、副作用が強いことで有名です。そのため、抗がん剤を服用する時は、副作用について知っておかないといけません。

どんな症状があるのか

抗がん剤の副作用は、複数あります。その中でも代表的なのは、吐き気や嘔吐でしょう。これは、消化管粘膜が抗がん剤の成分によって刺激を受けてしまいます。また、嘔吐中枢が刺激されてしまうので吐き気が起こることがあります。一般的には、制吐剤を併用して抗がん剤を服用することになります。それに、最近は高い制吐作用のある薬剤も開発されたので、昔に比べると吐き気や嘔吐が起こりにくくなっています。他にも、白血球や血小板減少があります。これは、抗がん剤を服用することで骨髄抑制が起こることが多く骨髄で作られている白血球や血小板が減少してしまう可能性があります。これらが減少してしまうと、抵抗力や免疫力が低下してしまうので感染症にかかりやすくなってしまいますし、重症化になる恐れも懸念されています。後は、脱毛、下痢、しびれ、出血なども抗がん剤の副作用で起こる可能性があります。

相談

症状を軽減させる

抗がん剤を服用すると副作用が起こる可能性があります。ですが、服用しないことには治療できません。そのため、最近は副作用を軽減するために漢方薬も同時に処方してくれることがあります。