遺伝子治療とは

医者

副作用を心配するのなら

抗がん剤の治療は、どうしても副作用が気になってしまいます。そういった人は、遺伝子治療を行なってみてはどうでしょうか。これは、抗がん剤のような副作用はほとんどなくて、がん細胞を減らせる効果が高いという最新のがん治療になります。元々は、先天性の難病を治療するために研究が進められた治療ですが、現在はパーキンソン病やHIV、悪性腫瘍などを改善するための臨床研究が進められています。がん治療として扱われている理由は、傷ついた遺伝子や異常な遺伝子がダメージを受けたことで細胞を修復できない状態になるのが悪性腫瘍になるからです。修復できなくなると、異常な細胞(がん細胞)が大量に発生・増殖する病気になり、これががんと呼ばれています。
そのため、遺伝子の異常が原因で起こる病気ですから、正常な遺伝子に戻せばがん細胞が自然に消えるというのが予想できます。ですから、正常な遺伝子をがん細胞や周辺の細胞に投与する遺伝子治療が注目されてきています。

治療の流れ

抗がん剤などは、副作用などのリスクがあります。また、発見するのが遅くなってしまうと治療しても抗がん剤などの効果を期待できないこともあります。しかし、遺伝子治療は、末期がんだと宣告された患者にも効果があり、安全性も高いのです。治療の流れは、患者の脊髄から幹細胞を取り出して、特殊な方法で増殖させます。増殖させた細胞をもとに治療用のウイルスを作り、点滴などで体内に戻します。そうすることで、正常な遺伝子が働きだしてタンパク質を作れるようになって病気が治るようになります。