第4のがん治療の免疫療法

医者と看護師

第4のがん治療とは

がん治療といえば、大きく分けて「外科手術」、「放射線治療」、「抗がん剤治療」の三つになります。しかし、どれも副作用などのリスクがあり、身体に負担がかかってしまいます。特に抗がん剤は、副作用が起こりやすいですし、末期がんだと申告された患者に抗がん剤を処方しても効果を期待できないことがあります。そんな中、第4のがん治療として開発されたのは「免疫療法」です。免疫とは、体内に入ってきた異物に対して抵抗するために生まれた時から持っている能力のひとつです。この能力を最大限に上げることで、がん治療に役立てられるようにしたのが免疫療法になります。

副作用がないのが特徴

抗がん剤などの治療法は、副作用が強いというイメージがあります。実際に、抗がん剤を服用すると副作用が起こりやすいのは事実です。昔に比べると症状を緩和させることはできますが、それでも副作用が起こる可能性は高いでしょう。しかし、免疫療法でがんを克服するとなれば副作用の心配はありません。それに、がんの再発予防にも効果を期待できます。今後ますます需要が高まっていく治療として免疫療法は考えられており、医療機関でも積極的に取り入れています。今、がん治療を行なっていて抗がん剤などの副作用で悩んでいるというのなら、一度免疫療法で受けられる病院で診てもらってはどうでしょうか。そうすることで、今までとは違った効果を期待できますし、身体は徐々に元気な状態へ戻っていくのを実感できるようになります。