症状を軽減させる

相談

がんに対抗できる身体作り

近年、がんの抗がん剤治療などの代替医療として漢方薬が注目されています。漢方薬は、直接がん細胞に攻撃したり、病巣を除去したりすることはできません。ですが、身体の免疫力を上げたり、栄養や代謝といったさまざまな機能に働きかけたりします。そうすることで、がんに対抗しようとする治癒法として有効だといわれているのです。がんに効く漢方薬は、血液中の免疫を担当するマクロファージという細胞やリンパ球などに刺激を与えます。そうすることで、がん細胞への攻撃力をアップさせることができます。さらに、免疫力を活性化させる作用やがん細胞を殺傷する作用を持つサイトカインと呼ばれる生理活性物質の生成を促進させることができると考えられています。こういった作用を期待できる漢方薬は、十全大補湯、小柴胡湯、人参湯などです。

他の療法の副作用を軽減

抗がん剤治療は、食欲不振や吐き気、白血球減少などの副作用が起こります。こういった副作用にも、漢方薬は効果を期待できます。抗がん剤以外のがん治療で起こる副作用にも漢方薬は効果があり、とても有効的な効果を期待できるといえるでしょう。また、下痢や吐き気などの胃腸症状などにも漢方薬の作用が有効だといわれています。このように、他のがん治療で起こる副作用にも効果があるので、あまりにも酷い副作用で悩んでいるのなら漢方薬を処方してもらうといいでしょう。抗がん剤などを服用しているのなら、医師に相談すると同時に処方してもらうことができます。